リラックスできる靴下


リラックスできる靴下が欲しいあなたへ

自宅に帰り靴下を脱ぐとホットしますね。その後自宅で別の靴下を履かれますか?私は自宅でも靴下を履くのですが、ゴムのきつい靴下はリラックスできないので、ゆるめの靴下が欲しかったのですがなかなか無い。そこでやっと出遭えた理想的なリラックスできる靴下を当サイトでご紹介したいと思います。
自宅でリラックスする靴下   リラックスの条件   履き心地の感想  靴下職人ご紹介

リラックスでき靴下1 自宅ではリラックスしたい


開放感が欲しい

自宅に帰ると当然スーツを脱ぎ、自宅着に着替えるのですが、足元はどうしてますか?裸足だと夏はベタベタしますし冬は寒い。なので私は自宅でも靴下をはきかえるのですが・・・リラックスできる靴下がなかなか無かった。やはり自宅では締め付け感の無い、ゆるくてすごしやすい靴下が絶対条件ですよね。



リラックスできる靴下2 リラックスの条件


靴下はただ大きくてゆるければいいというわけではない

自宅でリラックスできる靴下の条件とは・・・私的にはゆったりとして締め付け感がないのは当然ですが、それだけではダメ。歩きやすさも欲しい。さらに綿素材を中心として汗の吸い取りやすいもの。さらに歩きやすいものが欲しい。

そんな靴下を求めて・・・なかなかピンとくる靴下が無かったのですです、やっと出遭えた素晴らしい靴下があるんです。靴下職人として50年もの間、人にやさしい靴下をつくり続けている繻エさんの靴下です。どんな方なのかは後ほど!まずは靴下をはいた履き心地の感想をお話しますね!


リラックスできる靴下3 履き心地の感想


足を通した瞬間!今まで感じたことのないやわらかさが!

いや〜やわらかいんです。ふわっとしていて!足を通した瞬間、これなら楽!と感じます。靴下の種類は厚手のものも薄手のものもあるんですが、すべての靴下がやわらかい。またパイル地の靴下は厚手なのでとても暖か。

さらにスゴイのはこのパイル靴下、二重履きしても前々きつくないくら伸びる。それなのにズリ落ちない絶妙なフィット感なんです。これなら少しむくみがちの私にも楽々です。別の靴下が履けなくなるくらい楽なんです。




リラックスできる靴下4 50年の靴下職人がつくる靴下


人にやさしい靴下を創り続けて50年の靴下職人

どんな人がその靴下を創っているのか?というと広島県・備後ののどかな山村地に工場を持ち、50年に渡り人にやさいしい靴下を創り続けている繻エさんが創った靴下なんです。

大量生産型の機械は使わず、あえて半自動編機(昭和の古い機械)を改良し創られる靴下。どうしてそんな古い機械を使っているのか?とたずねると、無圧感は古い機械を工夫してつくらないとできないそうです。だから繻エさんの作る靴下やサポーターは、全て無圧。はいていることさえ忘れてしまうくらいゆるくて同時にフィットする絶妙なやさしさがあるんです。

これまで様々な介護分野で喜ばれ今でも多くのリピーターの方がいる繻エさんのアイテム。精魂込めたそんなリラックスできる靴下にご興味がある方は以下のサイトで詳細が見られますので参考にされてみて下さい。


靴下職人・繻エ氏の作る靴下詳細はこちら→




Copyright リラックスできるl靴下 All Rights Reserved.